驚くべき(食の)恵み

Pocket
LINEで送る

今日は起きると 何となく
今朝は頑張らずにお昼は外で食べよう
という思いが与えられたので

お昼はカレーを食べに行く と言うと
8時に帰宅したばかりのりゅうくんが
僕も行く と言うのでびっくりしました

寝る時間なくなるよ?と言うと
それでも行くと言うので
余程 カレーが食べたいのだろうと
それ以上は言いませんでした

しかし9時に寝て12時に間に合うよう
出て来るのはきついだろうと思い
もし起きれず来なかったとしても
何も思うまい と思っていました

会社の駐車場から会社に行く間に
カレー屋さんがあるのですが
「本日一品料理半額」という
大きな垂れ幕が掲げられており

成る程 だから今日はカレーだと
神様が教えてくださったのかと納得しました

お昼前にはりゅうくんから 今から行くと
連絡が入ったので 驚きつつも
神様の御恵みを一緒に受け取れることに
感謝をしました

しかし お店に着くとりゅうくんが
メニューを見たまま固まって動きません
私は仕事があるので 急がないと
休憩時間が終わってしまうので
早くして と言うと

今日はカツカレーランチを食べるつもりで
来たので一品料理を選べない と言います

だったら別に無理して一品料理を
頼む必要はないのでカツカレーを
頼めばいいじゃない と言うと
それでいい と決めてくれました

ランチは サラダとナンと飲み物が
ついてくるので それはそれで
お得なので 私はおすすめランチと
フィッシュティッカを頼みました

暫くすると サラダと飲み物
そしてフィッシュの何かが出て来ました

店内が騒がしくて店員さんの声が
よく聞き取れなかったのですが
フィッシュ「ティッカ」ではない
言葉を言ったように思いましたが

時間もなく お腹も空いていたので
早速食べ初めると カウンターから
間違えちゃった!という声が聞こえました

聞いていると どうやら隣の席の
オーダーと混同してしまったようですが
食べちゃったからそれはそのままで
いいですが フィッシュティッカは
どうしますか?と聞かれました

りゅうくんに 食べられる?と聞くと
多分無理 と言うのでキャンセルを
させて貰うことにしました

頼んだのと違うものではありましたが
半額どころか全額無料になってしまい
お店の人には恐縮しつつ 神様に感謝しました

会社に戻ると 社員の女の子が突然
鹿肉いります?と聞いてきました

びっくりしましたが ある社員さんの
旦那さんが猟をしており 鹿肉の
引き取り手を探しているとは
数日前に聞いていたので
感謝して頂くことにしました

帰りに見せて貰うと 1.5kgぐらいの
塊が3つもあり更にびっくりしましたが
図々しくも 一番最近獲れたという
塊を頂いて帰りました

このタイミングなのだから絶対に
今日来る姉妹のために神様が
用意されたものに違いないと思いつつ

鹿肉をお店で出していたことがある
母の従兄弟に連絡をしてもらい
おすすめの料理方法を教えて貰いました

冷凍されていたので まずは
水が入らないようにしっかり封をして
冷水に沈めて解凍をして
その間にりゅうくんの夜勤の
準備や部屋の片付けをしました

買い物を済ませて帰ってくると
良い感じに解凍出来ていたので
まずはネットで調べて 日本酒で
血抜きをし始めました

その頃に 母の従兄弟から返信があり
鹿肉は高温になるとかたくなるので
塩をして低温調理をするのが
一番だということがわかりました

しかし 開いてみるとステーキに
出来そうな肉は350gぐらいだけで
あとは筋が多すぎるので 残りは
ワインで煮込むことにしました

残っている筋を綺麗に取り除き
重さの0.8%の量の塩をふり
ニンニクを刷り込んでから
フライパンで全ての面をしっかり
焦げ目がつくまで焼きます

そして真空パックをすれば
下準備は完了です
これを冷蔵庫で一晩寝かせて
明日のお昼に低温調理をします

残りの肉は なるべく細かく切り
塩とワインで煮込むのですが

その頃に 姉妹がバスターミナルに
到着する時間がかなり迫って来たので
ワインで一煮立ちさせて 灰汁を
おおよそ取り除いたところで
一旦火を止めて家を出ました

本当は 姉妹が来る前にスコーンを
焼くつもりでしたがそれどころでは
なかったな と思いましたが

実は 私の手料理が食べたいと言って
うちに来てくれる人に 日頃作っている
簡単な料理を出すのも何だし
メニューはどうしようかなぁと
思っていたので 材料も含めて
神様が全てを整えてくださったな と
心から感謝をしました

姉妹には 家に着くまで鹿肉のことは
秘密にしておいて驚かせようと
思っていたのですが 家に着いて話をすると

つい先日 鹿肉ジビエという言葉を知って
どんな味なのかな?って思ったばかりなの!

と言うので こっちまで驚きましたが
それを知る機会を与えられたところから
全部神様からのプレゼントだね!と
二重に神様に感謝をすることになりました

いつものことながら 本当に神様の
恵みは想像を遥かに超えており
驚きと喜びと豊かさに満ちています

全ての恵みに心から感謝します✨

Pocket
LINEで送る