新しい空気

Pocket
LINEで送る

昨日 神様から示されたことを
象徴するような夢を見ました

幼い頃に私が本当に必要としていたものを
唯一届けてくれた人と一緒にいたのですが
そこに 貧相なある偶像崇拝の国の猫を
擬態した悪しきものが襲ってくるのです

それは血が苦手だったので
身近なところにあった血の滴る
生肉をぶつけて応戦していましたが

本当に敵を縛ることの出来る血は
りゅうくんが持っていたので
早く来て!と祈りながら闘う夢でした

目が覚めると丁度りゅうくんが
夜勤から帰って来るところだったので
その夢のことを話して すぐに
血潮の祈りをして貰いました

またりゅうくんは その貧相な
猫の姿をしたものが ここ最近起きていた
問題の元凶だったと感じたようで
霊の解き明かしをしていました

私は私で 自分が夢の中ですぐに
イエスさまの血潮を宣言出来なかったことに
ちょっと凹みかけたのですが

それについては 幼い頃私が
イエスさまのことを知らなかったから
仕方のないことだと示されました

では何故りゅうくんのことは
わかったのだろうと思いましたが

よく考えたら私は若い頃に
住んだこともない渋谷に帰りたいと思うなど
(うちの教会は渋谷区にあります)
未来の断片的なビジョンをよく見ましたし
りゅうくんのビジョンも見たことがありました

要するに神様が許される範囲のことだけが
見えるものなんだろうな と思いました

ひとつの問題が片付いたことで
今まで隠されていたものに
光が当てられていることも感じているので
これでやっと前進するかな と思います

今年は1月になった瞬間にも
新しい空気を感じましたが
今日 2月になった瞬間にも
今までにない新しい空気を感じました

こんなに短いスパンではっきりと
区切りを感じるのは初めてのことです

一体どんな意味があるのでしょうか
神様に期待をしたいと思います♥️

Pocket
LINEで送る