神様以外に頼らない

Pocket
LINEで送る

今日は 昨日思い巡らしていたことの
集大成のような夢を見ました

ある人が あなたにはこういう賜物が
あると預言されるのですが
その賜物を用いようとしても全く
実を結ばないのです

すると他の人から あなたには
こういう賜物もある と違うものを
預言されるのですが
今度こそとその賜物を用いようとしても
やはり 全く実を結びません

その人はすっかり自信をなくしてしまい
自分には何も出来ない と心が砕かれた時に
その人の努力に依らず その賜物の片鱗が
現れ始めるようになり

それによって周囲の人が幸せになりだすのです

それを見てその人は
賜物があるから自分は万能なんだと勘違いをし
自分の力を頼りにしていたこと
また 賜物を自分のために使おうとしていたことに
気が付く という夢でした

そしてその人というのは 現実で
神様に反抗し続けて人のやり方に
いつまでもしがみついており
今回 どの様な態度をとるべきかという
話をしていた 正にその人だったのです

神様から与えられた賜物でも
賜物に頼ればそれは偶像崇拝ですし
賜物というのは周りの人を
幸せにするためのものなのです

どんなに人が 神様に似せて創られ
あらかじめ賜物が備えられているとしても
神様のご性質という良い土壌の上にしか
良い実がなる木は育たないのです

神様は 自分自身に命を与えるに際して
どのように創られ どのような花を
咲かせるものとして地に植えてくださったかを
教えてくださいます

神様は 私たちを苦しめるこの世の悪に
迎合しなくても豊かに生きることが
出来るということを体験させてくださいます

その様にして 神様の愛を存分に受け取ることで
自分自身が 父なる神を地に現すものとして
建てあげることが神様のご計画です

自分が完全に神様の子として
学びの道へと入るときに
離れるべきものが何かが
はっきりと見えてきます

今回の夢は それをはっきりと
示されたなぁと思いました

他にもたくさんの夢を見たのですが
(本当に集大成のようだったのです)

先日の友人の夢の時のように
全て正夢になるといいなぁと
思うようなものばかりでした

もしかしたら 神様が私の真の願いを
引き出して見せてくれたのかもしれません

神様に期待しようと思います

Pocket
LINEで送る