賜物が活きる場

Pocket
LINEで送る

賜物を用いさせてください という
祈りをした結果見えてきたことは

賜物に対する信頼と尊敬があるところでは
その賜物は物凄い力を発揮する
ということでした

このことを思った時 イエスさまが
自分の故郷ではあまり奇跡を
為されなかったことや

弟子たちに町へ行くように言った時に
受け入れられない場所においては
伝えることだけは伝えた後に
足の砂を払ってそこを離れるようにと
仰られたことが思い起こされました

具体的なことを言うと
私の賜物を理解して信用してくれる人が
私のことを頼ってくれる時に
私たちが思う以上に神様が
働いてくださる というのを見たのです

それは 本当に喜びでした

またそのことは 自分自身に対しても
同じことが言えるようで

自分にとっては呼吸をするかの如くで
思いっきりノーチェックだった
預言の賜物について意識してからというものの
自分に対する預言が ふとした時に
口をついて出るようになりました

今までは どちらかというと
思いが与えられて 吟味をして
という感じだったので
自分の意志を全く超えた思いが
口をついて出るというのは
なかなか新鮮に感じますし

その事により 神様との関係も
今までと少し変わってきていると感じます

また 使徒の賜物についても 今まで
なんとなくそうなんだろうなぁと思いつつも
自分がそれを持っているということは
自分以外の人が認めない限りは
意識しないでおこうと思っていたことと

これは使徒の賜物の特徴らしいのですが
ケースバイケースで他の賜物を
用いることもあるのだそうで
使徒の賜物はあるような気がするけど
本当の賜物は何なのか という
混乱があったのですが

色々な人と話しをする中で やっぱり
使徒の賜物だという確信を持つにつれて
自分に与えられた範囲や
やるべきこと やれることの範囲が
はっきりわかるようになり
混乱が収まったことにはとても感謝でした

預言については今までも教会で
たくさん学んでいますが
使徒についても学ぶべきだという
思いが与えられてきているのですが

問題は「誰に教わるか」だ
という思いが以前より強く与えられており
私が整列するべき場所はどこかなぁ と
それが明確に示されることを期待して
その「時」に 全てが整うことを祈っています

賜物については この2つだけではなく
教師についても示されましたが

教師の賜物は りゅうくんの方が
強い(りゅうくんのメイン)と感じるので
自分にそれがあるという意識しはしつつも
この面については りゅうくんを立てて
自分はサポートに徹したいと思いました

五役者の教えの本の中で
最初サブの賜物が現れて
メインの賜物を建て上げるために
サブの賜物が用いられるとありましたが

自分の興味は使徒と預言の方にあり
それを建て上げるために必要なのが
教師の賜物だと感じています

りゅうくんは 逆で
教師の賜物を建て上げるために
預言の賜物があり 今はそれを
用いるように神様から示されている
時期であると感じます

少し前 自分の賜物が明確になった時
賜物を用いる機会を頂けるようにと
祈った答えがこのように 日々
頂けていることに感謝をします

今の私の一番の祈りは
この地で自分の賜物が受け入れられて
働くことが出来るように ということです

使徒や預言という 一般的に
今の既存教会に受け入れられにくいと
されるものが この地で受け入れられること

それが 私の今の一番の願いです

どういう形で 誰に向かって
それが為されるのかはわかりませんが

人を縛っているであろう
呪いを砕く祈りを積み上げることは
私にとってはとても楽しい
仕事であると感じます

神様の栄光が 地に現れますように

Pocket
LINEで送る