全てを良いものに出来る神

Pocket
LINEで送る

良い実を結ぶかどうかというのは
人がどう思っているかに寄らず

神様の目から見て良い心かどうか
背後の霊がどういうものであるか
なんだろうなぁと
思うことがありました

人が本来の恵みを受け取らず
悪いものから施しを受け取り

私は人の世話にはなりませんし
自分には十分あるのだから
むしろ与えます と言って
悪いものから得たものを
差し出す人がいます

本人は それを良いものだと
考えていると思うのですが

しかし聖書には 悪者の稼ぎは
良いもののために蓄えられる
という表現があり また
そういうものを差し出される時に
「あなたの報酬はぶんどり品」
という預言が頭を過ります

聖書には 不正の金で友を作れ
とも書かれていますから
悪いことで得たものでも
神様のみこころの通りに
使われるのであれば
それは生きたものになるのでしょう

悪いものでも益にしてくださる神様が
褒め称えられますように

神様は悪いものにもみ恵みを注がれる
しかし 御国に入る人は少ない

最近 本当にこのことが
思いとして与えられることが多いです

御国に入る条件は イエスさまの贖い
神様の愛を信じて受け取ることであり
そこから始まる神様との関係の中で
御国に入るのに相応しいものへと
建て上げられる過程を経ていきます

私は多分 神様によって人が変わるのを
見ることが 地において一番好きなことなのです

だから 飢え渇きが与えられるのだろうと思います

Pocket
LINEで送る