私を通して流れる愛

Pocket
LINEで送る

今日は 20日遅れで
りゅうくんの誕生日プレゼントを
手に入れることが出来ました

デジカメです

りゅうくんは 神様に促されて
風景写真を撮ることがあるので
風景写真撮影に向いていて
持ち運びやすい小さなものを選びました

本当はプレゼントの時まで
黙っていたかったのですが
安い買い物ではないので
本人の希望も聞かないとな と
事前に話をしていました

りゅうくんは わかっていると
テンションが下がるタイプですし
新しいものや機械ものにあまり
ときめかない人なので
デジカメだけ渡して終わりでは
盛り上がらないよなーと思いました

りゅうくんに何をあげれば
喜んでくれるかはわかっていました
それは 絵です

どんな絵を描いたら
喜ばれるかのビジョンも
与えられました

が 自分で描こうとすると
上手く描けるかな という
自信の無さが出てしまうので
ぎりぎりまでそのことは
考えないようにしていました

誕生日カードを買ってきて
どんなみことばを描こうかなぁと
考えつつ家に戻ってくると

よし 絵を描こうというやる気と
可愛いものが描けるという確信が
満ち溢れており 早く描きたいという
思いまでいっぱいになっていました

思いも神様が与えてくださるのです

描いている時は喜びに満ちていて
みことばもすぐに与えられました

しかし今度はメッセージカードに
何を書くかです

普段 他の人の誕生日には
祝福の祈りを送るのですが
ものの見事に全くそのような
思いが与えられません

祈りもダメなら みことばもダメでした
みことばは さっき絵に添えたものだけで
十分だとダメ出しを食らってしまいました

では何を書けばいいのだーと
頭を悩ませていると

素直な思いを書きなさい と
促されました

物凄い照れ屋なので
あまり人に本音を言うとか
しないタイプなので

素直な~とか言われるのが
一番苦手なのですが

しかし 神様がそう仰るのだから と
絞り出すように書いてみると

これでいい これで完全だ
と 思えるようなメッセージを
書くことが出来ました

後になり その事というのは
先日 ベテル教会のユースの人に
預言的に示されたこと

あなたでなくてはいけない
あなたが言うことに意味がある

それがこの事なんだろうなぁと
思いました

今までの人生で ずっと
私がいなくなっても回ることだけに
フォーカスして生きてきてしまいましたが

そもそもで 私でなくてはいけないと
言われるのがとても重苦しく
縛られるような感じがして
苦手だったのです

しかし その重苦しさの理由や
原因が霊的に解き明かされた今

神様が 私を通して愛を注ぐと
決められているという意味での
決して重苦しくなく むしろ
よろこびと愛で満ち溢れた
「私でなければいけない」というものに
向き合うことが出来るように
していただけたのだと思います

であるとしたら あとは
場数を踏んで慣れるだけです

神様は きちんとダメ出しをしてくださるので
大丈夫だと思いますが(苦笑

自分の思いや古い癖を捨てて
神様の衣を着れるよう祈ります

話を戻しますが

今回 りゅうくんのために描いた絵は
メッセージカードの封筒に入れました

これ絶対りゅうくんでは気付かないな
と 思いましたが しかし
ひとつぐらいサプライズがないとね と
隠すようにカメラの箱に入れました

もしかしたらりゅうくんのことだから
箱すら開けないかもしれないと
思いましたが 示しもあり
敢えてそのようにしました

その予感はある意味正しく
しかし杞憂に終わりました

帰宅したりゅうくんは
メッセージには気付きましたが
やはり絵には気付かずに
カメラも出さずに終わろうとしたそうです

しかし神様から 先に
片付けなさいと示されて
その時に絵を見付けたそうです

そうか 神様に任せていたら
こんなところまで全て
神様の栄光に変えてくださるのか

と 思いました

本当に本当に 神様の愛と
みこころとに導かれています

神様が共にいてくださる人生は
何て素晴らしく恵みに
満ちているのかと思います

神様の声を 御思いを知ることが出来て
それに沿って生きられる恵みに
心から感謝します

栄光を全て 神様にお返しします

Pocket
LINEで送る