背後の霊を打ち砕く祈り

Pocket
LINEで送る

昨日の日記の詳細になりますが

幼い頃に 私自身の尊厳よりも
他人が優先させたことを大事にしようという
というパターンがあることに気が付きました

それらのものを一つ一つ
手放す祈りをしていくうちに
その背後にある嘘つきの存在が
露わになったので
イエスさまのみ名より縛り上げて
追い出すお祈りをしました

新しい方向へ向かおうとする時
敵は本当に懸命に邪魔をしてきます

しかしもし自分自身がそこに
捕らわれていないのであれば
ヨセフが主人の奥さんに言い寄られたときに
上着を脱いで逃げたように
逃げることが出来ます

しかし奥さんはその上着をだしに
ヨセフを落とし入れました

私たちは幸いにも奴隷の身分ではなく
敵よりも高い権威を預かっています

なので 私たちは幸いなことに
わざわざ敵に足掛かりになるような
上着を残すこともなく
黙れ 出ていけと命令をすることが出来ます

時に夢などで敵は 親や上司など 自分よりも
権威あるものを装ってやって来ますが
そんな時こそ勝利の宣言の時です

今日 実は親に無駄な道を連れていかれるという
結構面倒な夢を見たのですが

起きてすぐ その夢を見せた正体が
(神様により)はっきりと示されたので
うちの親はこんなに浅はかではない
出ていけ と敵に命令をしました

「この人はお前たちのように浅はかではない」
この祈りには過去にも何度か 夢の中で導かれましたが

その宣言はとても意味があり 力があります
その人と背後の霊を断ち切る祈りであるからです

この宣言をした後 神様はQTで
とても力あるレーマを与えてくださいました

わたしは与えたく わたしは注ぎたい
わが思いを共に祈りとりなす者よ
わたしの思いを宣言しなさい

神様は 私たちが打ち勝つことを願っておられ
そのように私たちを導いておられます

いつどんな時も 神様の思いに耳を傾け
勝利を宣言したいと思います♪

Pocket
LINEで送る