不安や心配に支配させない

Pocket
LINEで送る

母と関わりを持っていると
いつも新しいことをスタートするときに
必ず邪魔をされました

今回も邪魔をされましたが しかし
全く意に介さなくなりました

何故なら その事により神様が
どのような方向に物事を
進めようとされているかが
わかるようになったからです

ちなみに 邪魔をする理由は簡単で
不安や心配を根拠に
人を攻撃することを指しています

そこには背後の霊的なものは確かに
影響しているかもしれませんが
しかし 不安や心配があったからと言って
誰もが人を攻撃するわけではありません

他人を攻撃する人というのは
人に依存をする傾向があり
攻撃しやすい人を見つけて攻撃するので

攻撃される対象は 単純に
攻撃しやすいからという理由で選ばれ
根拠があることも勿論ありますが
根拠なく攻撃を受ける場合もあります

聖書に 罪から離れなさいと
書いてあるのは 攻撃される根拠を
無くせば踏み台にされないからだと
理解していますが

しかし 罪を犯していなくても
言い掛かりをつけてくるのが敵のやり口で
それに利用されてしまうのが
不安や心配 恐れなどの弱さなのです

今回のように 新しいことを
始まるのを邪魔する人というのは
環境が変わることや 未経験のことを
やり始めるのが苦手なタイプです

実はりゅうくんにもその傾向がありますが
だからと言ってそういう人を
責めることは出来ません

何故なら私にも別の面で弱さがあるからです
私は新しいことを始めるのには強いですが
逆に時を待つことにおいては
私の方に弱さがあり
そこでは母やりゅうくんに
助けられているからです

弱いからこそ その待ちの時間に
霊を見分ける訓練が物凄くたくさんあり
神様は 人の弱さにご自身を
現してくださるのだという
確信に至りました

事実 りゅうくんにも
新しいことによる訓練と
弱さにご自身を現してくださる機会が
たくさんありました

そして母のように
神様に背を向けた人ですら
神様はご自身の栄光を現すために
用いられることが出来るのです

逆に 新しいことにおいては
私が彼らの助け手となることが出来るし

相手が恐れに支配されているときに
自分の思いも 場の雰囲気も
イエスさまの御名の権威を用いて
良いものへと変えることも出来るのです

霊の見分けが出来ること
権威を用いることが出来ること
それは本当に 素晴らしい賜物だと思います

Pocket
LINEで送る