神様の憐れみを求める

Pocket
LINEで送る

先日の聖会で ある証を聞いていた時
神様から強く促されたことがありました

それは 自分に憐れみが必要であることを
認める と言うことです

ここにはプライドの戦いがありました

自分は憐れまれるような
可哀想な存在ではないと思いたいのです

ですが 神様は憐れみが必要だと仰います
あなたは可哀想な状況だったのだと
自分で認め そして神様に
助けを求めることが必要なのだと

そこには謙遜が求められます

多くの人は 自分に頼れとアドバイスをします
頑張りが足りないのだと言うのです

ですが 神様は全く逆のことを仰います
あなたには助けが必要だったし
助けがなかったことを私は憐れむと

そして今日も 神様はある問題に対して
あなたの背負うべきものではないと
聖句を通してはっきりと示されました

しかし同時に 私がやることが
良い実を結ぶようにという祈りも
教えて下さいました

憐れみを受けるということは
自分が無力であるという意味ではなく
背負うべき責任の範囲が違うということです

そして それが神様が人を創った時に
人に与えられた責任範囲なのです

自分の人生に 神様がいなかったということが
どれほどに人のあり方を歪めているのか

と 思います

神様に立ち返るということは
健全さを取り戻すことであると感じます

Pocket
LINEで送る