何に燃やされて生きるのか

Pocket
LINEで送る

今日は 私とりゅうくんに共通した弱みを
理解する日となりました

ですがこれは 恐らく私たちだけに限らず
「弱さ」と闘う全ての人に共通して
言えることであるのだと思います

それは 情熱が足りないところが弱いところだ

ということです

先日の尊敬の文化スクールで
愛と恐れは同居しない ということを学びました
神様のご性質と御国の文化参照)

神様の愛は 本当に情熱的な愛です
燃えるような炎の愛は 恐れを焼き尽くします

今日 自分の弱いところに霊的攻撃があったとき
りゅうくんが 神様から受けた炎を私にも渡します

と 預言的な祈りをしました

それで気が付いたわけです

情熱があればやられることはないのです

その情熱とは 神様を愛する情熱です

愛されて幸せ とは思っていますし
神様なしでは生きていけないと思っています

ですが 神様を愛する情熱が弱いところが
自分の弱いところになっているのです

確かに 私は情熱的に愛するというタイプではありません
こっ恥ずかしくて引いてしまうタイプです

が 神様に対してだけはもっともっと
情熱的になりたいなぁと思いました

と言っても
自分でどうこうするわけじゃないですけどね

神様を愛する情熱をもっともっとください!
と言えば喜んでくださると思うので
頂けることを期待してお祈りすることにします♡

Pocket
LINEで送る

何に燃やされて生きるのか” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。