癒しを受け取る姿勢

Pocket
LINEで送る

今日は 癒しを受け取る姿勢について
神様から示されたことを書きます

子どもが風邪で熱を出して
身体が辛いうちは寝ているのですが
少し良くなると動いてしまって
風邪を拗らせて長引いてしまう

ということはよくある話だと思うのですが

私の場合は「首の奇形」という
目に見えない障害であったために
そもそもで痛みの原因がわからず

誰もそれを止めることがなかったどころか
動かないとサボっていると言われてしまい
心も体も思い切り拗らせてしまいました

そもそもで「生まれつき」だとわかった時
では上手に一生付き合っていくしかないな

と思いました

元が奇形ならそれは個性です

自分の個性を知らなかったために
無理をして痛めてしまったことを
悔いたことはありましたが

「奇形ではない自分になりたい」とは
思ったことがありませんでした

サボっているとか言う人がいても
ああこの人は無責任な人だな

ぐらいにしか思いませんでした

無理をしろと言う人が
私が無理して体調を崩したとしても
自分の発言に責任を取るはずがありません

私には 自分の肉体と共に生きることに
責任があります 痛い目を見るのも自分です

なので完全に無視をしていました

これが冒頭で言うところの「拗れ」の部分です

ところが神様は この痛みから
私を解放してくださろうとしています

しかし そのためには
私が個性だと思っていたものを
手放す必要があります

更に この痛みから解放されるためには
私が無視をしてきた人のことを
赦す必要があるのです

ここに 自分を低くするというチャレンジがあります

自分が個性だと思っていたものを手放すことは
自分のアイデンティティを捨てることです

そして 自分を捨てるためには
捨てるべき自分を悪く言った人を
赦して祝福する必要があるのです

赦すと何が起きるかと言えば
無関心だったものに対して愛が流れてきます

これは人間関係の回復でもあるのです

神様は 私のことを痛みの呪縛から
解放したいと思ってくださっていて
そこには愛の回復が不可欠だということなのです

神様の愛に応えたいと思った時
自分の思いなど関係ありません

癒したいと思ってくださる思いに感謝をして
ただそれを喜んで受け取るだけです

受け取った時 自分自身がどれ程に
大きな自由を手に入れたのかに気が付きます

嫌なことを言われてそれを無視することは
実はかなりな束縛となっているものなのです

愛と赦しは全てのしがらみから
自由にしてくださいます

本当に 愛してくださり感謝します♡

Pocket
LINEで送る

癒しを受け取る姿勢” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。