神様に目を向ける(後編)

Pocket
LINEで送る

今日の神様の示しは 正に
「家のビジョン」そのものでした

そのことを説明するためにも
先に昨日の続きから書こうと思います

前編のあらすじと続き

前編(の重要なところ)をざくっとまとめると

神様の養子として頂いた私が
神様から「ここがあなたの家だよ」と
示されたところは【機織りの家】で

そこではイエスさまが母親のように
家事や機織りをする家であることを示された

ということでしたが

(詳細は神様に目を向ける(前編)参照)

家族構成的に言うと

神様=お父さん
イエスさま=お母さん
私&聖霊さま=この家の娘(養子)
りゅうくん=私の旦那さま(婿養子)

となっているようでした

聖霊さまは私の背中にぴったりくっついていて
姿を見ようと後ろを振り向こうとしても
さっと隠れてしまい顔を見せてくれないのですが

どうやら 私とのそういうやり取りを
楽しんでおられるようでしたので
「私と同化してくださっている」と
解釈することにしました

りゅうくんの立ち位置

家の中は 木の家の中らしく統一されていて…

と 思ったら何故か端の方に
とても森の家の中には似つかわしくない
大きな魚の置物と浮きが飾られていて
思い切り吹き出してしまいました

dsc_1716-600

これは一体何ですか?と神様に尋ねると

りゅうくんは元々は漁師の家の子だったが
クリエイターになるために
この機織りの家に嫁いできた

彼は魚を取る網は作れるけど
それ以外の制作については初心者なので
私たちが彼を導くんだよ

と 教えてくださいました

要するにこれらのオブジェは
りゅうくんの婿入り道具であると…

色々とおかしいですが 彼らしくもあり
妙に納得してしまいました

神様の創造とイエスさまの働き

そのことを話すと神様は
ご自身が座られていた場所の右後方

壁しかなかった場所に階段を造られ
2階に書斎らしき仕事部屋を造られました

その部屋には 窓とテーブルと
ノートパソコンが1台あるだけで
書斎と言いつつもまだ本はありませんでした

窓にはカーテンの代わりに
透き通るような素材の浅葱色ののれんがあり
金色の蝶が描かれていました(刺繍かも?)

のれんが風に揺れると その蝶が
のれんからふわっと飛び出し
きらきらと光っていてとても綺麗でした

私は小さな子どものように
工具を持った神様の背中に乗っかり

お父さん 私も手伝う!
と言おうと思ったのですが

神様が笑っているうちにどんどん
階段や部屋が造られていき

あ 手伝う余地がない と思いました

仕方がないのでイエスさまのところに行くと

いつも家事や機織りを手伝ってくれて
ありがとうねーと頭を撫でられてしまいました

どうやら今は手伝う必要がないようで
自分が役立たずであるような気がして
ちょっと悲しくなりました

旦那さまであるりゅうくんの姿

また りゅうくんはりゅうくんで
何故かウサギの着ぐるみを着ていて
ものすごく大きなもこもこの手を
机の上に乗せて座っていました

そんなもこもこの手の着ぐるみを着ていたら
モノ作りなんて細かいことできないよー

と言ったのですが

それはどうやら 私のために
着ていたものだったようで

海の者が突然やってきたことに
驚かせないように森の者に
擬態していたのだそうです

神様から海から来たと教えられたし
驚かないよー大丈夫だよ

と言ったら 着ぐるみを脱ぎながら

自分がこのウサギのような存在だって
認めるかーっと言われました

なんだなんだ?と思いましたが

ニュアンスは理解したので(苦笑
認めることにしました

すると りゅうくんが突然居なくなり
戻ってきたと思ったら
大きなウニを差し出してきて

ちょっと古巣に戻ってきて
すみのために取ってきた

と言いました

ああ うん やっぱりこの人は
私の旦那さまだなぁと思いました(良い意味でね

霊的な立ち位置

この時 以前ある聖書の解き明かしの授業で
海というのはこの世の呪いを意味するといった
ニュアンスのことが言われていたことを思い出し

そうか 海というのは現世のことで
バイトに行って働いている様子を
霊的に示しているんだな と思いました

では私がクリスチャンになる前は
霊的にはどういう状態だったのだろう?

私を驚かせないようにと言っていたのは
私が海のものに馴染みがないことを
言っているのではないだろうか

と思っていたら神様が

あなたはこの家(木)の中にずっといて
パソコンを通して(外にある)現世の仕事をしていた

あなたはゲームや遊びをよく知ってる人で
パソコンが得意で マーケティングもやっていた
知識が大変豊富な人だよ

この木を植える場所をずっと探していたが
ここでもない あそこでもないと彷徨って
ボロボロになっていた

と 教えてくださいました

dsc_1717-600

そうか だからどんな職場で働いても
全く馴染むことが出来なかったんだなぁ

と 思いました

神様による宣言の促し

ですが神様は

その時の経験をりゅうくんに伝えるんだよ

と言って突然 りゅうくんと私と神様での
3者会議がスタートしました

神様は 私たちの前に地図を広げられましたが
それはモニターのようになっていて

真っ暗な空間にある水の上を
神様が歩いておられる様子が見えました

創世記1章2節
地は形がなく、何もなかった。
やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた。

正にこの様子です

そして神様がりゅうくんに

さあ 光あれと言いなさい
あなたのこれから創る世界に 光あれと

そう 仰いました

その言葉を聞いた時 本当に涙が出ました

やっと 始まるんだ

今日からりゅうくんのクリエイターとしての
歩みが始まるんだ と思いました

そのビジョンを見たのは金曜日の20時半頃

現実世界では神学校の授業中だったので
見たビジョンの内容をメッセンジャーで
ログとして残しておきました

すると 20時50分過ぎ
授業が終わったらしきりゅうくんから

アーメン!!
教会で 神さまに同じこと言われたよ

と 返信が来たのです

何が?と返すと

「光あれと言いなさい」

と 返ってきました

狭くてなにもない砂漠に
創り上げるのだと言っていました

同じ時に 神様から同じ言葉を受け取っていた
物理的には離れていたけど
霊的には同じ場所にいたんだ

私もその場に参加させてもらっていたんだ
と 思いました

すると神様は あなたは参謀だからと仰いました

その後の我が家

以上が 昨日見たビジョンの全容ですが
その後にも続きがあり

神学校から帰ったりゅうくんと合流して
食事に行ったのですが(昼から食べ損ねていたので…)

食事をするつもりだったお店が
閉店時間を過ぎてしまっていたので

たまたま目についた24h営業の
ファミレスにに立ち寄ったのですが

そこにはなんとチーズフォンデュがあったのです

dsc_1711

イエスさまが準備していたのは
これだったんだー と思いました

また この日からスタートした
りゅうくんのクリエイティブな活動というのは

目下 文章を書くことにあるようで
連日りゅうくんのFacebook記事の
校正を手伝っておりました
(投稿時間でお察しください)

りゅうくんの仕事場として出来た
二階の書斎にはまだ何も本がありませんでしたが

そこに本が増えていくことになるようです

そして面白い?ことに

家から出た後もずーっと私の正面には
「ローテーブルに着席したままの神様」が
いらっしゃいましたw

自転車に乗っていても何をしていても
ずーっと目の前に座っておられたので

もしかして楽しんでます?と尋ねたら
だって澄子が喜ぶからと笑っておられましたが

どんな時でも 何をしていても
神様の目線を教えてくださるので

思わずりゅうくんに
神様が見えるってなんて便利…じゃなかった
話が早いの!って言ってしまうほどでした

また神様は 私たちが霊的に成長をすると
家の増改築をされているようなのですが
今日はずっと座っておられました

一度だけ この木のてっぺんに
行ってみたいですーと言ったら
連れて行ってくださいましたが
それ以外はずっと座っておられました

ですがイエスさまは 行く先々で
常に働いておられました

昨日はチーズフォンデュの用意のためか
ファミレスの厨房で働いておられましたし

今日は今日で 私の隣に足の悪い男性がいた時
癒しの賛美を歌っておられました

イエスさまってどこに行っても
働かれているんだなぁ
聖書にある通りに…と思いました

神様とイエスさまの立ち位置の違い

イエスさまはあまりにも常に
どこかしらで働いておられるので

最初は邪魔をしちゃ悪いかな…と
思っていたのですが

編み物に集中出来ずにいた時
イエスさまに
一緒に編んでくださいー><

とSOSを出したら きちんと来てくださり

途端に全てのものが光り輝いて見えたので
とてもびっくりしました

1人で編み物をしていた時も
イエスさまがいた時もずっと
神様は目の前にいらっしゃって

神様の目線を常に教えてくださり
そのことにはとても助けられるのですが

神様が常に目の前にいらっしゃることと
イエスさまと一緒に仕事をすることは
別のことなんだ ということがわかりました

ふと

私は神様とだけではなく
イエスさまとも常に一緒にいて
常に働くべきなのかしら

という思いが一瞬頭を過りました

また

そういえば神様がずっと目の前に
座られていたということは
今日は成長がなかったってことかしら

とかも思ってしまいました

すると神様が デボーションを通して
こんなことを仰られたのです

わたしはどう言うだろうか
常にイエスを心の中心に置くように言うだろうか

あなたは神との家族関係をとても愛しんでいる
それはわたしとて同じである

わたしはあなたを強め支える
だが イエスと常に同化していて欲しいとは言っていない

外に出ていくとき
仕事をするとき
人に福音を伝える時
それは必要だ

だが それよりも家族関係の回復が先なのだよ
それは土台だから

神様をお父さんと呼び
イエスさまをお母さんと呼び
助けて欲しい時に助けてと言える

イエスさまのような母親なんて 勿論
見たことも聞いたこともありませんが

神様から来る理想の母親像を
見せて頂いているんだなぁと感じていて

その母親を見て育つこと
母親に甘えて生きること

それが神様が今私に
求めていることなのだとわかりました

確かに私は子どもとしての人生を
殆ど歩けていませんからね

ですが

もし私が子どもを産んだとしても
私はずっと この神様の家の子どもです

それは永遠に変わることがありません

そのことは とても幸せなことだなと思います

Pocket
LINEで送る