愛は高いところから低いところへ

Pocket
LINEで送る

神様は 小さいもの 自分を低くするものを
一番高くあげられる方です

自分を低くするとき
神様からの大いなる愛を感じます

自分を低く出来ないとき
神様からの愛も み恵みも
自分自身の心が壁となりブロックします

ですが安心してください
神様はその心の壁すらも用いられる方です

rainbow-1039665_960_720

散り散りになった弟子たち

イエスさまが十字架にかかられる前
弟子たちに こう仰られました

マタイの福音書26章31節b
「あなたがたはみな、今夜、わたしのゆえにつまずきます。
『わたしが羊飼いを打つ。すると、羊の群れは散り散りになる』
と書いてあるからです。

ですが弟子たちはこう返します

マタイの福音書26章35節
ペテロは言った。「たとい、ごいっしょに死ななければ
ならないとしても、私は、あなたを知らないなどとは
決して申しません。」弟子たちはみなそう言った。

ですが実際 弟子たちは預言通り
イエスさまが捕らえられた際に
散り散りに逃げていきます

ペテロは 刃物を持って抵抗しますが
それをイエスさまに窘められてから
逃げていきます

刃物という 自分を守るものがあったときは
戦おうとしました ですが守るものが無くなると
そこに留まることは出来ませんでした

weapon-1729865_960_720

神の愛に気付いたヨハネ

ですが もしここで弟子たちが
逃げずに留まっていたらどうなるか

弟子の中で唯一 イエスさまが十字架にかかられる時に
足元にいたヨハネはこう言っています

ヨハネの福音書18章9節
それは、「あなたがわたしに下さった者のうち、
ただのひとりをも失いませんでした。」と
イエスが言われたことばが実現するためであった。

イエスが捕らえられた時 弟子は全員逃げました
しかしヨハネだけが このイエスさまの言葉を思い出し
自分自身が逃げたことはみこころだったのだと
気が付いて イエスさまの元へ戻ってくるのです

イエスさまは きちんとみことばで
あらかじめ彼らを守っておられたのです

自分の弱さを認め その弱さすら
用いてくださる神の大いなる愛の前に
ヨハネは自らを低くすることが出来ました

trilogy-68582_960_720

自分を高くしていたため砕かれたペテロ

ですが リーダーという肩書もあり
自分は絶対にイエスさまを裏切らない!と
自分を高いところに置いていたペテロは

人の力(刃物)に頼り人を傷つけた結果
自分が処される可能性という恐れが入り
3度もイエスさまのことを
知らないと言ってしまいます

肉の力に頼り人を傷つけてしまったところから
過ちに過ちを重ねてしまうのです

そして 鶏の鳴き声を聞いたとき イエスさまから
「鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言います」
と 預言されていたことを思い出して泣き崩れます

ペテロもヨハネと同じく
ご計画の中で 自分で自分の行動を
どうにも出来なかったことをこの時悟るわけですが

ペテロの場合は自分は絶対に裏切らない!と
自分を高いところに置いてしまっていたために
心が折れてしまいました

gockel-1478182_960_720

砕かれた心は神への捧げもの

しかし そのペテロの弱さにもイエスさまは
特別にその愛を注いでくださいました

ヨハネの福音書21章5-7節
イエスは彼らに言われた。
「子どもたちよ。食べる物がありませんね。」
彼らは答えた。「はい。ありません。」

イエスは彼らに言われた。
「舟の右側に網をおろしなさい。そうすれば、とれます。」
そこで、彼らは網をおろした。すると、おびただしい魚のために、
網を引き上げることができなかった。

そこで、イエスの愛されたあの弟子がペテロに言った。
「主です。」すると、シモン・ペテロは、主であると聞いて、
裸だったので、上着をまとって、湖に飛び込んだ。

詩篇51篇がそのままに現されているような情景です

詩篇51篇17節
神へのいけにえは、砕かれたたましい。
砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。

wharf-1185762_960_720

普通 水に飛び込むのに服は着ません

彼が自分の心に作っていた
プライドという心の壁は
水を泳ぐのに上着を着るという
礼節の心へと変えられました

また ペテロは自分の判断ではなく
ヨハネ(=イエスの愛されたあの弟子)が
「主です。」と言ったことに反応をしています

自らを低くしていたヨハネは
ペテロに愛を流す器となっていたのです

神様は その御心の通りに
自らを高くしているものは 低くされ
自らを低くしているものは 高くされました

waterfall-828948_960_720

ですが それは人間的な上下関係であるとか
そういうことではありません

ただ 愛という命の水は
高いところから低いところへと流れていく

自らを低くしたもののところだけに
愛は 流れていくのです

Pocket
LINEで送る

愛は高いところから低いところへ” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。