滅びるものと残るもの

Pocket
LINEで送る

聖書の中に 神に従わないものとして
偽預言者 或いは占い師という表現が
幾度となく出てきます

旧約の時代において 偽預言者や占い師は
有力者の機嫌を取るために
耳障りの良いことばかりを話しました

或いは 自分の欲望をかなえるため
神が忌み嫌うようなことをするように
勧めたりもしていました

神が偶像や占い 風水 口寄せなどを
忌み嫌われる一番の理由はここにあります

偶像とは人の欲である と
聖書にははっきりと書かれています

paper-1392749_960_720

耳障りの良い 滅びの言葉と
耳の痛い 戒めの言葉の
どちらを取るかという話でもあるのです

偽預言者や占い師が 神の名を語りながら
神が言ってもいないことを人々に伝えることに
神様は大変お怒りになっていました

人は 自分にとって耳障りが良いことを
言う方を信じるもの ということは
なんとなく想像出来るのですが

神の怒りに触れた有力者や
偽預言者や占い師に対して 神は

あなたたちが言う通りには何一つならない
わたしは剣を持ってあなたたちを打つ

と 真の預言者を通して彼らに伝えました

one-against-all-1744083_960_720

有力者は怒り 真の預言者を捕らえて
殺そうと躍起になります

しかし 神の声を聴き分けることの出来る
心が正しい者たちもいて
そういう人たちが預言者をかばって
逃がしたりする話も多く書かれています

神様は預言者を通して何かをされる時

これを伝えることで もしかしたら
彼らが悔い改めるかもしれない

といったように

神様も一縷の望みを持っており
愛の故に 神に立ち返ってほしいと
願っていることがわかる記述が
幾度となく出てきます

神様は 人に自由意志を与えられました
忠告はしても 聞くかどうかは人次第です

caution-642510_960_720

このことは 親が子を躾ける時の思いを
考えればとても分かりやすいと思います

子どもが 悪い友達と付き合い出して
言葉遣いも顔色も 素行も悪くなっていき
いつしか家のお金が盗まれたりするようになる

その時 悪い友達と付き合うのを辞めなさい
と 親は言わないでしょうか

仮にそれを言ったなら 余計に
反発するとわかっていても
言わなければならない時はあります

子どもにも言い分があるかもしれない

悪い友達に合わせなければ
自分がいじめられる

また こうも言うかもしれません
彼らに合わせていれば良い思いが出来るのだと

ですが それが将来人生に影を落とす
間違えたものであることを大人は知っている
だから 耳障りであったとしても
教えなければいけないことがあるのです

hands-105455_960_720

親子であれば 或いは後になって
目が覚めた時に 怒ってくれた親に
感謝をするかもしれません

ですが 聖書に出てくる有力者は
ある意味不幸でした

自分が一番力があるものであると思い
全てが自分の思い通りにならなければ
権力で何でも出来ると思っていた者は

神様という この地全てを所有し
全てに対して権威をお持ちである方に
断罪されてしまうわけです

モーセがリーダーの時は
リーダーであるモーセに食って掛かるものを
神が怒りの炎で焼いてしまったことがありますが

モーセが慌てて これ以上殺さないでください
どうかこの者たちを憐れんでくださいと
神様に懇願したために 処罰は先送りとなりました

先送りにして頂いている間に 悔い改めがあるよう
今でも人々は聖書に沿って祈っています

cross-1261976_960_720

例え地において

どんなにお金を手に入れても
どんなに権力を手に入れたとしても

私たちは この地を造られた方から
あらゆる資源をお預かりして
管理するものであることを忘れてはいけない

預かったもの 管理者であって
所有者ではないのです

神は 憐み深い方なので
ご自身の持ち物で弱いものを養ったり
知恵を与え 若いものを正しく導くことを
願っていらっしゃいます

ご自身が持つ豊かさ全てを
神と人との唯一の架け橋となる
イエスキリストの御名を信じる者に
体験させたいと思っていらっしゃる

ですが 往々にして持つものは更に増やし
持たない者はどんどん失うものであるとも
聖書には書かれています

マタイの福音書13章12節
というのは、持っている者はさらに与えられて豊かになり、
持たない者は持っているものまでも取り上げられてしまうからです。

この文脈を 経済格差的な言い方で
物質について話す人が多くいますが

そういうことではありません

聖書には どんなにものを持っていても
死んで命を失ったら何になるかと書いている

不正で得たお金で貧しい人に施せ
そうすればその貧しい人たちが
あなたを天の御国に引き上げてくれる

という表現すら聖書にはあります

全ての所有者が神様である ということを
思い巡らせることが出来るのであれば
それがどういう意味かはわかるとは思います

(私はこの概念が腑に落ちるのに時間がかかりましたが)

とは言え 神様はそういう道を望んでいるわけではない

出来ることなら正しく管理をして
ご自身の豊かさをみんなに体験してほしいと
願っていらっしゃることは忘れないでください

family-915754_960_720

仮に 人がどんなに悪人を憎んだとしても
神様にしてみれば出来が悪い子どもです

神は 一人として滅びることを望まれません

故に 神様は人には互いに赦しあうようにと仰られた

ですが神は公平な方ですから
必ず報いてくださる方です

報復ばかりが報いとは限りません
許したことによる恵みだってあります

多くの人が 神様のみこころに
気付くことが出来ますように

Pocket
LINEで送る