自分の奥まった部屋で祈るために

Pocket
LINEで送る

目の前の事象にとらわれてしまうと
本当に大切なものが何かを
見失ってしまう場合があります

そこに感情が伴うと なおさら
感情に引きずられてしまい
見るべきものを見失いがちです

全ての思いを断ち切り
奥まった部屋で祈るために
私は2つの宣言を用いています

若干 ノウハウ的な話になるのですが

今回は 聖書のみ言葉を用いて
祈りに入るための前準備をする

というお話です

まず 殆どの人はお祈りをするときに
「神様」に向かって祈っていると思います

と 書くと 当たり前じゃないか と
思うかもしれませんが

実は 本当に「聖書の神様」に向かって
祈ることが出来ているかどうかについて
聖書にはこのような記述があるのです

ヨハネの手紙第一4章1~3節
愛する者たち。霊だからといって、みな信じてはいけません。
それらの霊が神からのものかどうかを、ためしなさい。
なぜなら、にせ預言者がたくさん世に出て来たからです。

人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、
神からのものです。それによって神からの霊を知りなさい。
イエスを告白しない霊はどれ一つとして
神から出たものではありません。それは反キリストの霊です。

ここには「ためしなさい」という
ことだけが書いてありますが

試すまでもなく お祈りの際に
ここに書かれているみ言葉を
適用した宣言をすることで

未然に反キリストの霊を
黙らせることが出来ることを教わりました

それは お祈りするときに

主イエス・キリストを私たちのために
生贄として与えて下さり
聖霊なる神を与えてくださった
創造主たる神様にお祈りします

という風に イエスさまの御名を含めて
聖書の神様に祈ることを先に宣言してしまうのです

この宣言は 引きこもりの
カウンセリングをしている先生が

「自分の中の自分」と会話をする癖を持つ
彼らに対して必ずやってもらう方法として
教えてもらいましたが

クリスチャンになる前に
占いや風水 また他の宗教の神様に
頼ったり祈ったりしたことがある人には
特におすすめです

love-699480_960_720

もう一つの宣言は 預言者の先生に
教えてもらったものなのですが

私は今日も 世の声 敵の声 肉の声は
聞かないと宣言します
神様の声だけを聴くと宣言します

というものです

最近私はここに

世のもの 敵の見せるもの 肉の思いは
見ないと宣言します
神様のことだけを見ると宣言します

と いうものを追加しました

というのも 私もりゅうくんも 結構
ビジョンを見るタイプだからですが

聖書には 上記の霊的な敵の他に
この世の気遣いと肉欲というものが
神様との交流を阻害することが記されています

長いので引用しませんが
ルカの福音書8章の 種を蒔く例えなどです

霊的な敵については
最初の宣言でフォロー出来るのですが

世の気遣いと自分の肉の思い

人の意見や自分の感情にとらわれてしまい
神様の方に心を向けることが
難しいと感じる時におすすめです

prayer-1308663_960_720

これらの宣言の後に

自分の中心に平安が戻ってきたなら
その後は自分と神様との時間です

マタイの福音書6章6節
あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋にはいりなさい。
そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。
そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。

今日は この宣言を思い起こす日となり
とても助けられたので 書いてみました

Pocket
LINEで送る

自分の奥まった部屋で祈るために” への2件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。