神様と一緒に聖書に親しむ

Pocket
LINEで送る

モーニングを食べた後
神様から

りゅうくんは聖書を読み始める前に
預言の絵を描いた方がいい

と 示されたので
描いてもらいました

 何故かというと…

20160820

創世記1章2節
地は形がなく、何もなかった。やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた。

実は りゅうくんは聖書を読み始めると
肉の思いであれこれ疑問を持ちはじめて
すぐ神様の思いから脱線する癖があるので

神様の愛に立つために
絵を描くように示されたのだと思いますが

そしたら突然

春に来た 預言の先生が

神様のことをするのは
ゲームを作るのと同じぐらい
楽しいよー

と 神様からのメッセージを
伝えてくださったけど

今になってそれを思い出し
その意味が理解出来た

とのこと

やっぱり絵を描く時間は
必要だったのねー

預言アートの授業を受けたお陰で
神様の愛に留まれるようになった

それは りゅうくんにある召しが
表現することにあるから…

なのだろうなぁと思います

奉仕をしていればいいわけではない
施せばいいわけではない

神様の召しに歩まなければ
恵みを受けることはない

神学校で ある牧師さんが
仰った時に 本当にそうだよなぁと
しみじみと受け止めたメッセージですが

聖書をただ読めばいいわけではない
というのも付け加えたいと思います

ある時期までは ただ読むだけでも
恵まれるとは思う だけど

ある程度聖書を読み
聖書箇所をそらで言えるぐらいになったら

ただ読むだけではなくなる時期が
絶対に来ると感じる

神様と一緒に聖書に親しむとき
それが今だと感じます

Pocket
LINEで送る