クリスゴアヒーリングスクール1-3

私の著書(超自然的ないやしの力に歩む)の中からシェアします
奇跡がないことで神を判断してはいけない

教会として歴史的にやってきたことがある
体験したことから神様の善良性がどの程度か判断してしまった

悪いことが起こると神様なんでこんなことが起こるのかと言ってしまうが
環境で神様の良しあしが変わることはない
神様はどんな時も良い方です

答えられない祈りについてのイエスさまの教えというものはない
奇跡が人生にあるとは思ってもみなかった
15年前のこと

NZの海岸で泣いて祈っていた
私が生きている間に
一人でも目が見えない人が
見えるようになる奇跡を見ることはできないでしょうか

次の日も
死ぬ前に耳が聞こえるような軌跡を見ることはできないでしょうか

その翌日も

先日も海岸で
15年で癒しが起きたことを思った

最初は1人の癒しを祈っていた
6か月で500人の癒しを見た

人生の中でたくさんの勝利を体験する
敗北を体験することある
敗北を体験したからと言って
神様に変わりがない
神が癒さないと決めることはない
十字架で決断がついている

起きなかった奇跡について
私たちはどのように扱うでしょうか

忍耐して勝ち抜くということを
インパートしたいと思います

病の人が癒されるという証が聞きます
癒されなかった人の証を聴くことは少ないと思う
でも癒されない人もいる
だからといって神の性質が変わるわけではない

結果がどのようであれミニストリーをして
祈り続けるということです

何人が癒されたからで神が成功を図るとは思わない
敗北を体験した時立ち上がるかどうかを神はご覧になっている

癒されなかった体験をしても
立ち上がり次の人を祈れるかどうか

病気の人のためにミニストリーをしたいという
情熱がある人はいる

3人祈り 3人とも癒されなかったと
失望してくる人がいる

本当に奇跡が見たいなら
祈り続けるしかない

教会というのはしばしば
やり続けることができない組織になっている

しかし背骨に鉄骨が入っているような人を
神は求めている 筋金入りというものですね

誰かが癒される時喜びがある
でもなによりも5年後にまだ
あなたが祈り続けることを喜ぶ

2016年は辛い時期でした
ある分野で非常な打ち破りがありましたが
他のことではつらいことがあったが
私は何度倒されても立ち上がります

人生の中には理解できないことがある

ピリピ4章7節
理解を超えた平和を受け取る

理解を超えた神の平安を受け取るのです
全てを理解するという権利を明け渡した時
その平安をもらえる

生まれた時蘇生が必要な子がいた

12歳の時
脊椎が140度も曲がっている
非常に痛い大変な手術
9時間も逆さに吊るされる

1回の手術で5回も血液が完全になくなるほど

両親が娘を見た時
彼女だとわからない状況だった
頭が2倍に膨れ上がっていた
2週間目あけられなかった
昏睡状態
背中に入れられた棒を動かさないようにされた

父は2008年ICUの部屋に入った
空いた椅子を取り
悪魔よ座ってみなさい
父が何をするかを見なさい

部屋にワーシップの曲をかけた
今までやったことのないほどの心で
礼拝を捧げ神と約束した

奇跡が起きていないからと言って
神が素晴らしくない

私はあなたにつまずきません
起こらなかったからとあなたに
腹を立てることはない
でもあなたは良いお父さんで
いつでも癒したいと思っていると信じます

神様に泣きながら悪魔よ見ていなさい
私はこの王の王である主を礼拝し続けます

歩き回り言いました
主よ 今晩この女の子が乗り切れなかったとしても
父はあなたの前 人々の前に立ち
あなたは癒す方でよい方だと言い続ける

何故なら経験に福音の真理を下げることはしないと決めた
福音の真理へと高めると決めた

使徒10章3節
全ての人は癒されたと書かれている
イエスさまが私たちの模範であり
私たちの体験が模範ではない
旧約聖書の理解できない物語が模範ではない

主の前に心砕かれていた
あなたに腹を立てたりつまずいたりしません
あなたが素晴らしい方だと言い続けます

今その子は21歳です
私の娘で車いすでしゃべれません
自由に動くことができません
知的にも身体的にも障碍者です
でも彼女を愛していて私の人生の喜びです
私は祝福された男です

21歳の女の子を抱えベテル教会に行きます
私は信じ祈り続けます

イエスさまは懲らしめや学びのために
病気を与えるような神ではない
娘を通してそのことを学んだ

娘は忍耐と親切 愛することを教えてくれた
無条件に愛することを教えてくれた
彼女は神について教えてくれた

私が癒しについて学ぶことの多くは
娘から学び 忍耐を学びました
今でも彼女が癒されることを信じています

有名な預言者と昼食をとった

彼が私の目を見た
シャーロットとは誰ですか?
10月7日に生まれた

私の娘のことですと言った

何を求めて信じているのか知りません
しかし奇跡が起きます
世界を揺るがすようなことになります
と言ってくれた

悪魔は壊し殺すために来た
イエスは命を与えるために来た

失意失望にどう対処するか

マタイ14章
私の本の中にも書かれている

キリストの体が忍耐をもって
決してやめないことを学んでほしい
イエスさまが全ての報いを受け取るまで

見ていることに動かされたくない
聞いていることに

私は1つのことだけに動かされます
神の言葉です

私は信じます

主の目はこの地上を生き巡り
私を選んでくださいという人を捜し求めている

教育のある方ではない
勿論教育は大事です
でも私を選んでくださいという人を
神は探している

私は学のないものの一人です
15歳の時に学校に行くのをやめ
家出をして家に戻りませんでした

でも神は私を選んでくださいました

神に対してはいと言い
決してやめないという人がいれば
世界は変わります

1000人以上に祈ったが癒されなかった
神学が悪かったせいで癒されなかったので
あなたがたが1000人癒されない必要はない

私は来年まで予定がいっぱいです
でも私を呼ぶことはそんなに難しくない
でも二度目呼ぶのは難しい

教えたことを続けているかどうかです
続けていればどんなことが起きたか
私のところにレポートが来る
そうしたらまたその教会に行きたいと思う

続かないなら私は週末を無駄にしたことになる

続けるでしょうか

はいという人は誰でも用いられます

12の時母を亡くした
毎晩泣きながら寝ていた
神はこういっています
病人に手を置けば癒されると
どうして教会はこんなに力がないのでしょうか
教会が偽善を歩いているか
あなたの言葉が不真実かではないか

神様は語り掛けてくれた
私の言葉は真実で
あなたは癒しを見るようになる

あなたがはいと答えてやめないなら

1992年のことで私ははいと答えた
それから私はやめていない

やめなかった
うまく生き続けたということではない
やめたいと思ったことは何度もある
1日に100回やめたいと思ったこともある

油注ぎをしますがそれは明日です
これは人々に分け与えることができるものです

あなたが神様にはいという答えが非常に強いので
そこに忍耐して勝ち抜くという霊が留まるということで
あなたが辞めない人になることです

神様が素晴らしい方法で
あなたがたを用いられることを信じます

あなたがどれだけ失敗したか
それであなたの成功が図られるのではなく
失敗した時立ち上がるかどうかで神はご覧になる

聖書の現実にしっかり立つ
イエスさまが模範です