天国文化と幸いな人生 2日目-2

これは大きな絵のメッセージです
何年もかけて出来上がった
ライフメッセージでもあります

年を追うごとに益々
意義深く感じるメッセージです

神の津波という本のテーマと同じです

2003年に出版しましたが
読んだ人の大半は津波を知らなかった
2004年インド洋で大きな津波がありました
2013年は福島

昨日もありましたね
私が到着した翌日にありました

ですが物理的破壊ではない
霊的な変革のメッセージです

終末の時代私たちがどこにいるかです
イスラエルと再臨のメッセージです

イエスさまの働きの最後に
オリーブ山に立って

エルサレム市街の東側
ギデロン川をはさんで神殿の丘と神殿がありました

イエスさまは泣かれた
何度集めようとしたことか
あなた方は私を見ない

祝福あれ 主のみ名によって
来られる方に
私は再び来ない

その40年後に
エルサレムはローマ軍に包囲され
みんな殺されました

約2000年の放浪の旅に追い出される

ところが今の時代 その
約束の地に戻ってきた

私たちもその時代に
メシアニックの が起こされている

知る限り1960メシアニックリーダーは5人しかいなかった
今は2万人いるだろうとみていて
その数は増えている

イスラエル中で開拓されている
知る限り5つの24時間祈りの家がある
コムニゲーション10はある

イエスさまを王として迎える
エルサレムになりつつある

マタイ23:37-39
彼らに代わって祝福あれと歌います

エルサレムに来てみてください
私のコムニゲーションにも来てほしい

ユダヤ人のクリスチャン
アラブ人のクリスチャン
王の王 イエスさまを共に礼拝する

来るべき御国の姿です

預言が成就しつつあることを
見ることが出来ます

ある人は週末の時計だと言います
私も同意します

でも神様の時計に2つの針がある
デジタル時計は使わないってことです

1つはイスラエル
もう1つは世界の国々という針

両方見なければいけない

そうすると週末の時の流れを
見ることが出来る

マタイの次の章で
いくつかの予告をしました

再臨の印を弟子が尋ねます

1つは惑わし 偽の教え
騙されないようにしなさい

戦争や戦争のうわさ
悩んではいけない必ず起こるから

国は国に 王国は王国に
でもまだ終わりではない

産みの苦しみのはじめです

今生きている時代を言われたと思う
子供を産んだことがある方は
その苦しみがわかると思う

傷んでも次の痛みに間がある
それがだんだん間隔がなくなり
痛みも強くなる

陣痛と陣痛の間が数秒ということもある
どう耐えるのでしょう?

次の痛みにフォーカスしてはいけない
誕生にフォーカスしなさいと教わります
痛みにも目的がある
痛みがないと分娩できません

この世界でも危機が起きます
災害が起きます
そして静かになり また起きます

これが再臨前の印ですと
イエス様は言われた
産みの苦しみの始まり

14節でまとめて教えられた

マタイ24:14

福音は全世界の民にあかしされる
それから最後が来る

これを理解するため
福音を理解する必要がある

これから来る神の国とは何なのか
神の国の到来とは国家的なものだと知ることが出来る

御国が何を示すか
イスラエルを模範として選ばれた
神様の見解は御国は
ちゃんと機能する社会である

完璧な社会であり
中心には宗教的なものがある

御国の福音は社会のあらゆる領域を
治めるようになる

イエスさまの価値観は私たちの
文化のルーツにまで至る

これが神の国の福音というものです

伝道の福音 教会成長の
福音以上のもので
全ての国々で証される

この証は殉教者を意味するギリシャ語がつかわれる

イエスさまのために死ぬということだけではない
と言いつつ今そのように死ぬ人はどんどん増えている

その証となるというのは
自分の時間を用いて毎日
イエスを証するという意味です

イエスさまを王として社会が変革していく
文化が変えられていくことを意味している

それがすべての国々で実現すると
イエスさまは言っている

私はエルサレムにいるので
エルサレムがいつイエスさまを迎える
準備が出来ているかは比較的わかりやすい

2時間車で走ればオリーブ山にいけて
電話してどうですかときける

世界で文化が変革を起こす
それはどこで起きるのか
どれぐらい必要なのか

それを尋ねてきた

世界の国々でなにをしてきたのか
今何をしているのか
出来ればこれからどうなるのか

福音はどこでおきたか
イスラエルです
他の世界の国々の模範として
作られたイスラエルです

神様はアブラハムに
あなたを素晴らしい国家として
祝福する約束をして

出エジプトで王となられた
そのずっと後でイエスさまがやってこられた

イエスさまの後はちきれるように
広がっていった

使徒の働き16:6-8

パウロの第二回宣教旅行

地図で見るとわかりやすいですが
エルサレム→北へ行きました(トルコ)
そこでパウロは生まれたのでなじみのところ
ここでアジアに行くことを禁じられたので
東には向かいませんでした
北のビテニアにいこうとしたが
許されなかった
なので西へ西へ行きトロアスという町に行った

海に出るまで一番西の町です
ここでとりなし手にどうしましょうと言った
彼らは祈りと断食をしただろうと思います

マケドニア人が助けてくれという幻を見た
マケドニアに行きギリシャに行った

dsc700_0143

日本は西アジア
聖書はアジア的な書物
イエスキリストはアジア的な救い主
パウロはアジア的な使徒でした

ところが見た幻はアジアではなかった
ヨーロッパのマケドニア
彼らはそれが神の声だとわかった
パウロは西方向に進むと確信したに違いない
なのでパウロは残る生涯
福音を西へ伝えていった

ローマ人への手紙15章で
私はどこへ行く途中あなた方のところへ
行くと書いていたか
スペインです

地図を見ればわかるがヨーロッパの
一番西がスペイン コロンブスの1400年前

パウロにしてみたら地の果て
行けるだけ西にいった

今日に至るまで福音は
西方向に行き今もそう

新約聖書はギリシャ語
テサロニケ コリント ピリピ
アテネの丘で福音を語った
福音がギリシャ世界を変革した

ギリシャ神話はそれから
歴史の中に過ぎ去っていった
やがてギリシャ正教と呼ばれる
キリスト教の一番古いものができる
福音は津波のように広がった

ギリシャからはどこへ行ったか
全ての道はローマに通じると言われています
福音はその道に乗ってローマに行きます

これは長いプロセスです

人々はそういうビジョンがあったからというより
聖書にそう書かれていたから実行した

異邦人の数と同じぐらい
ユダヤ人も伝えていた

御国の福音は生きるか死ぬか
命がけでローマに伝わった

初代のローマのクリスチャンは
皇帝を崇拝しなかったので
命がけだった

人々の前で殺されていきました

そしてネロの皇帝で
クリスチャンを磔にして
火をつけて明るくすると書いてある

ローマは腐敗していた残酷だった
やがて崩壊していった

北の野蛮な民族がついに
ローマを征服したと書かれています

まだ文化が発達していない民族が
征服したと書かれている

誰のことか イギリス人 フランス人
ドイツ スイス オーストリア人です

今日知られるような文化はなかった
人間をいけにえとしてささげていた人もいただろう
月星をあがめていた

ストーンヘンジを見ればわかる
御国の福音が届いたのです

津波のように福音が広がった
宗教だけではない

ヨーロッパに広がる中で
絵の描き方 歌の歌い方が変わった
子供の育て方 家の建て方
町の設計 法律が変わった

ヨーロッパ人が福音を受け入れたとき
社会全体が変わった

何年か前にイスラエルカルメル山で
家を建てることが出来た

建設のためのお金がなかったので
世界各地からボランティアで
建ててくれる人により建てられた

メシアニックの建物を建てた
5年間を費やさねばならなかった
5年間祈って断食して
自分たちの手で建てました

それが終わったら疲れ果てて
もう二度とこんなことはしませんと
神様に誓いました

キリスト教のヨーロッパでは
5年ですか?そんなの大したことなかった

200年かけたものもあります
何を考えているのでしょう
そういうプロジェクトを考えるとは
どういうことでしょう

神の家を建てましょう!
ひ孫ぐらいで完成するかなぁ?
何を考えていたのでしょう

宗教以上に大切なことです
文化社会
ヨーロッパ中で一番立派な建物を
神様のために建てて
馬に乗って向かった時
何キロも離れたところから
最初に見えるのが神さまの家

それから農場や家

でも立派な建物は神さまのため

御国の福音が全体を変えました

そんな時代に生まれた音楽があります
今日でもその音楽を聴きます
その最高の地位を得ようと
しのぎを削っています

2年前ヘンデルのメサイヤのコンサートに行った
メシアニックジューがヘブル語に翻訳した
翻訳しなくていい部分もあった
ハレルヤコーラスとかね

音楽のその部分を歌い始めると
エルサレムにある主を礼拝する家です
みんな立ち上がり全ての人が手を挙げた

この歌は今でも油注がれているなと思った

御国の文化がヨーロッパに届いて
そうなった 神様がヨーロッパに現れたと思う

野蛮で石や偶像を拝む人々を見て
神様は良いと言ったでしょう
完璧ではないが良いだろうと

ヨーロッパに聖霊を注ぎ始めた
宇宙の秘密をヨーロッパに教え始めた

科学者が現れた

自分は神に選ばれたものだと
ニュートンは固く信じて
その知識を人々に与えるのが
彼の召しだと信じていた

ヨーロッパに医学 科学 あらゆる分野の
学問を注いでいった

航海術 世界中を回るようになった

それまで一部族だった人々が
大きな国民になり立ち上がった

良きにしろ悪しきにしろ

悪いこともしましたが
ヨーロッパが偉大な文化を作ったのは
誰も否定できない

彼らが急にかしこくなったのか
一生懸命働いたのか

中国人はもっと早く
火薬や紙やラーメンを開発した
アラブ人も数学で伸びていた

その中でなぜヨーロッパが偉大になったか
その秘訣を明かす権利が与えられています

使徒16 聖霊が使徒パウロに
西に運びなさいと言ったからです

宗教的な箱から取り出す人は誰にでも
文化の根っこまで持っていけば
社会の隅々にまで運んでいけば
これが私の御国だと神さまはおっしゃってくださる

急がねばなりません

教会は大きくなりあまりにも
多くをコントロールしすぎた

腐敗し衰退した
聖書的過ちを犯した

リバイバルを与えられた
500年前
すでに死んでいた既成の教会に
反抗 プロテストしたので
プロテスタントと言われる

しかし宗教改革の後でも
聖霊に導かれるままに
自由に礼拝できないと感じていた
人たちがいた

ヨーロッパは文明が進みすぎた
クリスチャン的になりすぎた
ヨーロッパを去らなければならないと思った

小さな船に乗って大西洋を渡り
別な野蛮人のところに行きました

小さな船はメイフラワー号 1620年にイギリスを出た

120人 マサチューセッツ州に到着した
1年に半分の人が亡くなった

天候の厳しさに耐えられなかった

そのあと何百何万の人が来た

なぜそんなに人が来たのか
金が出たわけじゃない

それについて書いたからです
ピューリタンの初期の人は
神は私たちにビジョンを与えたといった

私は神さまの律法に従います
新しい世界で生きることを許されるなら
あなたに喜ばれる社会を作ります
栄光を現わす社会を作ります

その時建てられたすべての学校には
祈りがうめられた

最初作ったのはハーバード
牧師を訓練するための聖書学校として

アメリカ全ての裁判所に聖書を導入した
全ての裁判官弁護士は
法律の上に法律があり
全ての方の上に裁き主がいる

そして本当に神さまは
アメリカに現れたと思います

神様はご覧になって
ああ いいことだとおっしゃったと思います

まあ完ぺきではないけど良い

そして神さまは聖霊を注がれ始めた

設立文章に神が含まれていた
沢山の良い資源 大学
理解 科学技術を与えられた
研究製造をする大企業が与えられた

全ての国を超えて塔のようになった
支配力においても

それはいずれヨーロッパを
古く見せるように

アメリカ人が賢くなったのか
勤勉だったのか

超大国になったのか

この聖会では秘密を
特別に許可が与えられています

福音を西に運びなさいと
聖霊がおっしゃったからです

社会のすべての領域に持っていくなら
これが私の御国ですと神さまはおっしゃる

アメリカは偉大な宣教師を
送り出す国になった
ヨーロッパを引き継いだ

今アメリカで何が起きているか
霊的な危機です

アメリカを良くしたものが
組織的に取り除かれている
学校からイエスへの祈りが取り去られている

先生がイエスのみ名で祈ることは
法律で禁じられ
裁判所から聖書が取り除かれた

刑務所の壁に十戒を掲げるのは法律違反とされ
お金などから取り除きたい人もいる

アメリカが霊的指導者に
なり続けることが出来るかと
みんな不安になっている

アメリカを思うなら
リバイバルを祈ってください

その働きを止めることはできるでしょうか
王である方ご自身が
全ての国に福音を伝えてから
再臨があるとおっしゃっている

カリフォルニアの西はなにか
ハワイです もっと西は?

アジアに来ています

触れるすべてを変えるという
プロセスは始まったばかりです
変革の証拠はどこにあるでしょうか

既成のプロテスタント教会があります

世界で一番大きく成長している教会は
韓国にあります

一番大きな教会はアジアにある
中国でも神さまは為されている

サウスチャイナモーニングポスト
香港の英字新聞 多くの家に届く雑誌
2009年4月号

天安門の絵の上に
キリストが立ち上がられたと書いた表紙

天安門の毛沢東の絵の部分には
イエスの絵になっている

共産党の教員より
ナザレのイエスに従う人の方が
多くなりましたと書いてあります

これが真実だからすごい
これを印刷する大胆さがすごい

今中国には1億3千万人いるだろうと言われている
共産党員は7500万人

シンガポールなどにも何百万単位で
イスラムという敵意がある国でも
クリスチャンがいる

一世代目のクリスチャンです
一世代で何千何万という人が

波を見ているだけではなく
波の先端を見ているのです

ここ(東南アジア~中国の縦のライン)が
今最先端としたらどこにいくでしょう

エルサレムです

この大きな運動はまだ始まったばかりです
波は西に向かって進んでいます

日本の覚醒の時はいつでしょうか?
私の意見は言えます
今だと思います

今日本の時が来ているから
入らなければなりません

日本が入るとこの絵が完成します
文化の根まで行くことです

社会の隅々まで行くことです
神の御国は宗教だけではない
宗教はスタートなので正しくしないといけない
教会成長ではじまらなければいけないでしょう

しかしそれは変革です
神様は日本を呼んでおられます

日本は社会がどう機能するべきか
良く知っている民族です

国民の幻
神の御国とつなぎ合わせられなければなりません
自分の歴史を知らなければいけません

この信仰だけではなく
自分の歴史を知らなければならない

私がアジアの人とかかわる中で
日本人が一番よく理解している

中国人に働きするのが私は大好きです
献身と純粋な信仰に励まされる
しかし彼らは自分たちの歴史を知らない
一世代かかると思う

私たちの世代で
韓国はアメリカのモデルを
100%受け入れた

アメリカの教会成長に
ステロイドを打ったような感じです

そのような教会を作れると
彼らは証明した

しかしそういう教会に行っても
ティーンエイジャー 若手がいない
次世代の人たちはやりたくない
心に響かない
神の御国をそのようには理解していない
なので韓国の数字は減っています

今こそ日本の教会が加わっていかなければならない
国家的目覚めがなければならない

国家全体でなければならない
民として神さまのご計画は何なのか
日本の教会の誰がどのように
話すリーダーは誰なのか

教会成長は答えではない
社会変革が答え

日本は待っていたのだと思う

プロテスタント的なとかではなく
神の国の福音を待っている
神の国に収められる国家のビジョンを持つ
それが神の福音です

繁栄 神学 福音に名前を付けることはできる
聖書はイスラエルというのが
神の国の国家の模範として示されている

神の国の福音は全世界に伝えられ
それから終わりが来る

日本でそれが起き始めると
アジアにおける神のご計画が
完成すると思う

そしてアジアの社会に十分浸透する

そのことが起きると
神様が東アジアに現れてくださいます

神様は良いと言ってくださいます
完ぺきではないが
神を主とする民族はどれほど素晴らしいか

しっぽではなく頭としよう

そして大いなる文明が始まります

西で達成されたものを
はるかに超える祝福をもたらされます

アメリカがヨーロッパを小さく見せたように
アメリカで起きたことを小さく見せると
神様がそうされると信じます

素晴らしいことが起きているアジアに注目しましょう

福音を箱から取り出してください
出て行ってこの素晴らしい爆発に加わってください

最後に未来を見てみましょう

もしこの波が西に向かっているとして
ゴールがエルサレムであるならば

津波は一度波が引きますよね
今インドでそれが起きています

アフガンイランイラク エルサレムに戻る一つの道ですね

ここでは何が起きているか
戦争と戦争のうわさです

戦争と戦争のうわさが必ず起きるが
悩んではいけない必ず起こらなければならない

しかしまだ終わりではない
産みの苦しみの始まりです

未来にこの家は倒れます
その日には何百万人の元イスラム教徒が
キリストに向かって走ってきます

彼らは誰にも知られないように
ネットでキリスト教を見ています

彼らは毎月ヨーロッパに行き
難民にメッセージをしている
他のイスラム教徒を逃れている
イスラム教徒なのです

イスラム教徒がイスラム教徒を
虐殺するのを見ている
二度と戻らないでしょう

ほとんどの人がクリスチャンとして
生きたいというようになります

犯罪者テロリストなどもいるでしょう
命を懸けて新しい生活を
営もうとしているのです

イスラムの家が倒れるのを見る
内輪もめをする家は立ち行かない
戦争や戦争のうわさでこの家は倒れます

自由の叫びが全世界を覆うのは確か

その前に日本が加わる必要がある
時間がありません

もうそうなりはじめています
イエスさまを救い主として
受け入れられる準備が出来ています

日本の目覚めの時が来ています

細かく言うとリバイバルではなく
かつて持っていた命が戻ってくることを言う
アメリカやヨーロッパにはリバイバル必要
日本に必要なのは目覚めです

神様はそれを求めておられます

神様の御業の波に乗りましょう

それが皆さんにとって大きな変革を意味するなら
その波に乗らなければなりません

サーフィンのルールはシンプルです
海岸を出て外に出ることです
波があるところにいきます

教会はサーフィンの準備をするところです
波は社会の中にあります

皆さんこの波に乗ってください
人生最大の旅が始まります

この波に乗りたい人はいますか?
みんなそうですよね

自分をなげうって神さまの波に
乗ろうじゃありませんか
神様あなたがおっしゃる所なら
どこへでも行きます 何でもします
社会に遣わしてください
私の国に遣わしてください

みんながあなたを知ることが出来るために
全ての領域の王だと知ることが出来るように
全ての領域に浸透するように
日本が偉大な国家として立ち上がり
神の国の偉大な模範となるように

西洋のモデルは残しておきましょう
聖書的なモデルをつかんでいきたい
神様が社会を治めるそんなモデル
神様が形作り神様が最後の言葉を語る
そんな社会を

大きな覚醒の時が来ていると思う